「生きるのがラクになる」小林正観さんに学ぶゆる~い自分磨きのコツ3選。

自分磨きの本

こんにちは。yatsugatakehalです。

この記事では、

小林正観さんに学ぶ、ゆる~い自分磨きのコツ

を3つご紹介します。

「ゆる~く自分を変える方法がないかな?」

「頑張らなくても自分磨きができる方法がないかな?」

という疑問にお答えしていきます。

この記事を書いている私は、この3つのコツを実践して15年です。

小林正観さんを知る前は努力型の人間でしたが、今はリラックス型に変わりました。

久しぶりに会う友達からは「性格がマイルドになって、まるで別人みたい」とよく言われます。

そんな私が、自分を変えるコツをわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

小林正観さんとは?

小林 正観(こばやし・せいかん)

1948年東京深川生まれ。中央大学法学部卒。心学研究家。著述家。講演家。

学生時代より不思議現象に興味を持ち、旅行作家として活動する傍ら、研究を続ける。

その後、長女が知的障害を持って生まれたことをきっかけに、それまでの「努力して成功型」から「感謝して成幸」へと、生き方が変わる。

「それぞれが喜ばれる存在になればいい」と「嬉しい」「楽しい」「幸せ」をモットーとした「うたし」を提唱。

年間300回を超える講演活動を続けていた。

2011年永眠。

著書に『「そ・わ・か」の法則』『喜ばれる』など、ベストセラー作品が多数ある。

小林正観さんに学ぶ自分磨きのコツ 3選 

それでは正観さんの根本の教えを3つ見ていきましょう。

ありがとうを言う

小林正観といえば「感謝」というぐらい、正観さんの教えの根幹をなすものです。

ユニークなのは「ひたすらありがとうを言い続ければOK」という所。

言葉に「心がこもっていなくても大丈夫」という部分です。

「ありがとう」を(心を込めなくていいから)2万5千回言うと、なぜか涙が出てきます。

その涙が出た後でさらに「ありがとう」を言おうとすると、ほんとうに心の底から感謝の念が湧いてきて、「ありがとう」の言葉が自然に出てくる。さらに、その後重ねて、「ありがとう」を2万5千回ほど言うと、嬉しく楽しく幸せな奇跡が起こりはじめるらしい・・・。

宇宙方程式の研究 小林正観の不思議な世界(風雲舎)

実際に私も、「ありがとう」を毎日1,000回言い続けました。

そうしたら3万回ぐらいの時に、涙が一気にど~っと溢れてきました。

自転車でサイクリングしている時に出てきてしまったので、かなり焦りました。

その時すれ違った人は、号泣しながら自転車をこぐ私を見て、変なヤツだと思ったでしょう。

そして、その後で言った「ありがとう」は、私を生んでくれた両親への感謝の気持ちを込めた「ありがとう」でした。

そして、再び号泣。

涙が止まらない不思議な現象を、初めて体験しました。

この「ありがとう」には、ステージがあるそうです。

2万5千回ぐらいを超えたところが第一のステージ。心を込めなくてもよし。ただ口先だけでも損得勘定からでもいいから、2万5千回ぐらいまで「ありがとう」を言っていると、涙がどっと出てきます。

さらに5万回を超えると第二ステージ。この段階になると、心の底から「ありがとう」と言えます。

さらに10万回を超えると第三ステージと続いて、1億回超えが究極のステージです。

1億8千万回「ありがとう」を言い続けた滋賀県のある人に起きた出来事は、想像を絶するものでした。

雨が降っていてもこの人が外出しようとすれば雨がやみ、時間に遅れても電車は待っていてくれる。生活に必要な物資はすべて神から与えられるようです。

宇宙方程式の研究 小林正観の不思議な世界(風雲舎)

私は、100万回を超えたところで計測(100円ショップで買ったカウンターを使っていました)は止めてしまいました。

正観さんによると、「宇宙が計測してくれるから、自分で測らなくても大丈夫」らしいのです。

基本的には「全部宇宙におまかせ!」でいいんですね。

この「ありがとう」を言い続ける時は、ひとつだけ注意点があります。

それは、

「ありがとうの途中で、不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句のどれかを言わない事」です。

宇宙方程式の研究 小林正観の不思議な世界(風雲舎)

悪口を言った途端、それまでの「ありがとう」がチーンと消えるのです。

「なんだ、雨か」というようなお天気への悪口も、これに該当します。

私も、言い始めた時は自分で気づかずに悪口や文句を口にしてしまい、言った後で「しまった!」と後悔することが度々ありました。

繰り返しリセットされると、自分の口から出る言葉に細心の注意を払うようになります(笑)。

この辺りは「ゲーム感覚で」続けるのが良いように思います。

トイレ掃除

トイレ掃除の話の始まりは、アメリカの世界中に人を派遣して、3つのことを調べさせたことが理由になっているそうです。

一つは、不老不死の薬、食べ物、方法はあるか?

二つ目は、貧乏な人でもお金持ちになる方法があるか?

三つ目は、金持ちが金持ちでいられる方法はあるか?

得られた結論は、次の通りでした。

最初の不老不死についてはない、二つ目と三つ目に関しては、お金持ちにはある共通項があったそうです。

それは「トイレのふたが閉まっていた」

正観さんが冗談っぽく「トイレ掃除をして便器のフタを閉めておくと、良いことがあるみたいですよ」と講演会で話し始めたら、それを実践する人が現れました。

その人たちに「数千円~5千万円までの臨時収入」があったため、この話が一気に広まりました。

私も、毎日自宅のトイレ掃除をしています。

臨時収入といえるのかどうかわかりませんが、突然まとまったお金が入ってきたりしています。

今までも禅寺の修養などで「トイレ掃除をすると人格が向上する」という教えは、言い伝えられてきました。

正観さんの教えがユニークなのは、「臨時収入がある」という点です。

人格磨きと現世利益と、同時に入ってくるのが面白いところです。

笑う

これは、相手のペースに合わせて、そこにいちいち反応するのではなく、自分が変わるという意味です。

それを正観さんは「自分が太陽になる」と表現しています。

太陽にはまず、明るさがありますよね。太陽が上がれば、まわりが暖かくなります。さらに太陽の光を浴びていれば、動植物も生きとし生けるものすべてが、大きくのびをしたり、体を動かしたり、何かをしようという気になります。

宇宙方程式の研究 小林正観の不思議な世界(風雲舎)

そういう意味で、あなたがニコニコ笑顔でいると、明るさ、暖かさ、そして相手を芽吹かせるもの3つを持つようになるのです。

北風と太陽のお話の通り、私たちは不機嫌な人の近くにいるよりは、ニコニコ笑顔の人の近くにいたいもの。

「面白くもないのに、へらへら笑っているのは変だ」と、笑うことに抵抗を感じる人もいるかもしれません。

しかし、結局、それで損をしているのは自分なのです。

正観さんもおっしゃっている通り、ここは「単純に損得勘定で考える」といいように感じます。

実践して私が感じたメリット・デメリット

メリット

「お金がかからない」「自宅で簡単にできる」「一人でできる」「実践しやすい」など、メリットを数えたらきりがありません。

しかし、私が実践して感じた最大のメリットは「人生が穏やかになる」ということです。

もともと私は人と競争するのが、大の苦手です。

人と競争する場面では、ことごとく相手に道を譲ってきました。

それでも「ありがとう!」を言い続け、トイレ掃除を行い、なるべく笑顔できることを心がけていると、いつの間にか「周りから敵がいなくなりました」

自分から議論をふっかけることもやめたので、誰ともケンカにならないのです。

それは、このようなSNSでの活動にも十分活きています。

SNSは匿名性が強いため、意図していない表現で揚げ足を取られ「炎上」しやすいです。

そういう環境の中で「誰とも競わない、比べない、競争しない」という姿勢でいると、穏やかな気持ちでSNSとも付き合うことができます。

それが対人、対面ならなおさらのことです。

思い返せば、私はここ数年、誰かとケンカした記憶がありません。

「怒り」を感じることも、随分少なくなりました。(ゼロではありません)

そのように精神的に生きるのがラクになったことが、最大のメリットです。

デメリット 

私が感じたデメリットは、2つあります。

①「宗教と勘違いされることがある」。

ちなみに正観さんはお釈迦様(仏教)の影響は強く受けていますが、特定の宗教には入っていません。

本人は「私は唯物論者です」(目に見えるものしか信じない)と、公言しており、まったくの誤解です。

しかし「ありがとうを唱えると良いことが起こる」という行為が「念仏を唱えると良いことが起こる」という仏教に通じることから、良く知らない人から誤解を受けることがあります。

そういう誤解を防ぐには「誰にも言わないこと」

まずは誰にも言わないで、地道にコツコツ自分で始めましょう。

そして周りの人から「最近、明るくなったね!」とか「変わったね」と言わるようになって、その理由を聞かれたら初めて「実はね」と答えるぐらいでちょうどいいように思います。

②「時間がかかる」

効果が出るまでに時間がかかります。

繰り返し「ありがとう」を言うのは、簡単そうに見えて、意外と神経を使います。

というのも、「不平不満・悪口」を言わないというルールを忘れてしまうことがあり、言ってから気づいて後悔するということが度々ありました。

この習慣が一度身につくと、自然にネガティブなことを言わなくなります。

その辺の意識づけが、日常生活で定着するまで私は1年以上かかりました。

即効性を求める方には、合わないかもしれません。

もっと知りたい方向け おすすめの本

今回の引用に使わせていただいた、正観さんの本をご紹介します。

宇宙方程式の研究―小林正観の不思議な世界 (「未知世界の旅びとシリーズ」) 単行本 – 2001/6/1 小林 正観 (著), 山平 松生 (著)

宇宙方程式の研究 小林正観・山平松生共著

風雲舎の社長でもある山平さんの質問に、正観さんが答えるというインタビュー形式で書かれた本です。

正直、正観さんの本の中ではどちらかというと、地味な感じの印象

しかし、正観さんの生い立ちから始まり、どのような経緯で正観さんが今現在(2001年)に至ったのかがよく分かるインタビューが見事です。

山平さんがスピリチュアル初心者であることが、読者にとっても分かりやすい表現となっており、いい方向に活かされています。

「ちょっとスピリチュアルは苦手なんだよな」という方でも無理なく読めますし、ここまで正観さんのプロフィールを追いかけている本は、他にはありません。

あくまでも「小林正観は心学研究科である」というスタンスで書かれており、「人間としての小林正観」がよく分かります。

正観さんの入門書として、最適の本です。

宇宙方程式の研究 小林正観 目次

みんなの口コミ・評判

Amazonでのみんなのレビューをご紹介します。

わかりやすいです。
2022年9月7日に日本でレビュー済み

正観さんの本、初めて読ませて頂きました。難しいのかなと思いながら読み始めましたが、山平さんによるインタビュー形式での本となっており、読みやすく、無いこと2日で読み終えてしまいました。

深い所までと言うと、そこまで理解出来ていないと思いますが、
とてもわかりやすく、他の本も読みたくなりました!

ありがとうございます!

宇宙方程式の研究―小林正観の不思議な世界 (「未知世界の旅びとシリーズ」) | 正観, 小林, 松生, 山平 |本 | 通販 | Amazon

2020年に生きる私たちが読むべき一冊
2020年5月25日に日本でレビュー済み

一昨年初めて小林正観という人の存在を知った。
今年に入って正観さんの著書を何冊か読んだ。
そしてこの本、編集者の山平さんのインタビュー形式のお陰で、
高い山の頂上にいる正観さんと山の麓にいる私たちとの距離を縮めてくれ、
「あ、そこが聞きたかったんだ」という痒いところに手が届く感じの一冊になっていると思う。

宇宙方程式の研究―小林正観の不思議な世界 (「未知世界の旅びとシリーズ」) | 正観, 小林, 松生, 山平 |本 | 通販 | Amazon

登録情報

宇宙方程式の研究 小林正観 裏表紙
  • 出版社 ‏ : ‎ 風雲舎 (2001/6/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2001/6/1
  • 単行本 ‏ : ‎ 210ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4938939231
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4938939236

まとめ

最後までお読み下さり、ありがとうございます。

今回は、「生きるのがラクになる!小林正観さんに学ぶゆる~い自分磨きのコツ3選」を、ご紹介しました。

「ありがとう」や「感謝」を、言い続けるとびっくりするぐらい人生が変わります。

これは本当です。

誰でも、簡単に、すぐに始められるのも、良い所ですね。

ぜひ、「ありがとうの魔法」を体感してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました